石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
新着ムービー
スポンサードリンク
八重山ムービーメニュー
やいまtube
やえやまガイドブック
高評価ムービー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
ランダムMovie

八重山ムービー


八重山Movie  自然 > 

アンパルに広範囲な倒木現象



撮影・編集 流杉一行

ラムサール条約に指定されたアンパル湿地で、広範囲な倒木が確認されている。原因は不明だが、西表島のような遊覧船が走ることもできない浅い場所で、少し中に入ったマングローブ林が爆撃でも受けたかに、倒木が激しい。その規模は広範囲で、見る人を驚かせる。
 目下、世界では、湿地帯が持つ多様な生態系が野鳥などの生物の温床となることから、重要視される時代になっている。なかでもマングローブ林は、ラムサール条約などで世界的な保護の対象となっている。養殖エビなどの人工的な構築物のために、マングローブを伐採することへの批難が高まっており、マングローブの植樹に取り組む国も増えている。そんな中、八重山のナゾのマングローブ林の倒木は、西表島だけでなく石垣島でも起こってきている模様。
 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。